基礎知識

「エコ」とは「環境エコロジー」の略でエコリフォームとは、建材を環境に優しいものや、人・動物の健康に害のない素材に替えるリフォームをいい、最近はエコハウスと呼ばれる家が増えています。
エコハウスとは
エコハウスとは、環境への負荷を低減した住宅のことをいいます
エコハウスは環境共生住宅、環境負荷低減住宅、エコロジー住宅などともいわれ、 「地球環境を保全する観点から、エネルギー・資源・廃棄物などの面で十分な配慮がなされ、また周辺の自然環境と親密に美しく調和し、住み手が主体的にかかわりながら健康で快適に生活できるように工夫された【住宅】及びその【地域環境】のこと」と定義している。
代表的なエコリフォーム
省エネ
省エネの一つに、現在注目されている太陽光発電というものがあります。 太陽光発電が今注目されている理由の一つに、二酸化炭素を初めとする温室効果ガスによる地球温暖化があります。 太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を排出せず、騒音もなく、排気ガスも出さない、環境に大変優しいクリーンなエネルギーとして今最も注目され、温室効果ガスの削減に不可欠とされています。
自然素材
「自然素材」は、年月を経るごとに味わいが深まり、高い質感や奥深さを持ちます。 つまり、自然素材で作った住宅は健康であるだけでなく、上質感のあるインテリア、長寿命といった数々のメリットがあります。 リフォームから自然素材を使うことで、今からでも良い家に変えることができます。

珪藻土(けいそうど)
自然素材の一つに珪藻土があります。 珪藻土とは、植物性プランクトン(藻)が海底や湖底に堆積して化石化したもので、 珪藻の粒子には1ミクロンにも満たない小さな孔が無数にあり、この孔が調湿性・ 消臭性などに役立ちます。
【バルコニー・ベランダ緑化】屋上緑化
近年、ヒートアイランド現象や地球温暖化が急速に進行している中、私たちの暮らす地球は 急速に大きなダメージを受けています。 これを個人単位で防ぐ方法の一つとして、住宅の緑化があります。 温暖化の進む地球に暮らす私たち自身が、一人一人積極的に取り組んでいく事が必要です。

ページの先頭へ